お役立ち情報

24時間使える東京都内のシェアオフィス紹介

2022/7/5

  利用時間に制限のない24時間使えるワーキングスペースは、〆切が近い案件の対応が多い方や海外とのやりとりがある業務の方に便利です。   この記事では、シェアオフィスを選ぶ際のポイントや東京都内にある24時間使用可能なシェアオフィスを紹介します。     シェアオフィスとは シェアオフィスは、1つのオフィスの中に個室やオープンスペースがあり、複数の企業や個.... 続きを読む

バーチャルオフィスツール比較10選。ツールの特徴や導入時のポイントを解説

  バーチャルオフィスツールとは、オンライン上に仮想オフィスを作り、コミュニケーションをとるツールです。仮想オフィス、クラウドオフィスツール、などと呼ばれることもあります。   バーチャルオフィスツールは、リモートワーク時にメンバー同士のコミュニケーションの活性化や、ステータス表示による作業効率アップなどに活用されています。ツール導入時に無料トライアルなどが準備されているた.... 続きを読む

【個人&法人】バーチャルオフィスを使って起業(開業)したら納税地はどこになる?

2022/7/4

オフィスの家賃を払わずに都心一等地の住所が利用できることから、バーチャルオフィスは個人事業主や起業家を中心に人気のサービスオフィスです。   現在ではレンタルオフィスやシェアオフィスと合わせて世間的に認知されるようになってきていますが、まだまだバーチャルオフィスの利用方法について知られていないことは多いようです。   例えば、バーチャルオフィスを利用した場合、納税地はどこにな.... 続きを読む

バーチャルオフィスを使い開業するには

念願の独立!そして、事務所開業。   しかし、起業するにあたって、自身のビジネスにどんなオフィス形態が適しているのかよくわからないという悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。   「実際にバーチャルオフィスを利用している人達には、どのような業種の方が多いのですか?」という質問がワンストップビジネスセンターにも多く寄せられています。   そこで今回は、どんな人が.... 続きを読む

レンタルオフィスの住所で法人登記は可能?

2022/5/31

  レンタルオフィスの住所を使った法人登記は可能です。登記場所として記載する会社設立時に本店所在地の住所に関しては制限がないためです。   またレンタルオフィスは、レンタルオフィス業者の廃業などで住所が使えなくなることがあります。そのため法人登記の可否だけでなく、オフィス運営会社の運営実績などのポイントを押さえて、長く利用できるオフィスを選びましょう。   &nbs.... 続きを読む

法人登記とは?申請に必要な基本情報や手続の手順を解説

2022/4/22

  法人登記は、法人化して会社を設立するために法務局に対して行う手続きです。会社登記は法律で義務付けられているため、法人化する際は必要です。   法人登記をすると課税方式や申告・加入義務のある事項が増えます。たとえば、所得税が所得の15%~25.5%になり、経費として申請できる範囲が広くなります。一方で、税務申告や社会保険加入の義務も発生します。   法人登記前には.... 続きを読む

個人事業主の商号登記とは?屋号の登録のために必要な申請について解説

  法人を設立する場合は「法人登記」が必要だと会社法で義務付けられています。一方、個人事業主が事業を始める時には、法律上で義務とされている「開業届」の提出と、義務ではなく任意で行える「商号登記」があります。この記事では開業届、商号登記について説明します。   個人事業主に提出義務があるのは開業届 個人事業主として開業する際には、事業開始から1カ月以内に開業届を税務署に提出が必.... 続きを読む

バーチャルオフィスを利用してネットショップなど通販サイトを運営する方法

2022/4/4

起業家だけでなく、副業をしたい会社員にとっても、実際のリアル店舗を構えず、低コストで開業することができるネットショップを使った通販は魅力的なビジネスの一つです。   ネットショップを開業する際は「家賃や人件費などの固定費などのランニングコストをできるだけ抑えたい。だからこそネットショップで起業をしたい!」とお考えの方が多いと思います。   ネットショップを開業する場合は特定商.... 続きを読む

バーチャルオフィス選び方 役立つ7つのチェックポイントとは?

  《失敗しないバーチャルオフィスの選び方》 東京都心部(新宿・渋谷・池袋・青山・銀座など)では、一等地を中心にバーチャルオフィスの運営会社が増えているのをご存知でしょうか?   「自社ビルを所有しているから」などの動機で参入したバーチャルオフィス業者は、何年後かに、突然大幅な値上げをしたり、バーチャルオフィスを閉鎖したりしてしまことがあります。   会社の住所を置.... 続きを読む

ハンドメイドのネット販売でバーチャルオフィスは使うべき?

2022/4/1

  ハンドメイド作品のネット販売を行う場合は、消費者庁が定める特定商取引法のルールに則り、販売者の氏名や住所、連絡先などの開示が必要です。   自宅住所や電話番号などをインターネット上に掲載すると、個人情報が不特定多数の人に開示され予期せぬトラブルに巻き込まれる可能性があります。   そこで個人情報を守るためにできる対策が、バーチャルオフィスの活用です。バーチャルオ.... 続きを読む

1 / 9123456789
お問い合せ / お申し込みフォームはこちら→
« 前ページへ戻る TOP