1.  > 
  2. 未分類

Archive for the ‘未分類’ Category

ビジネスプラン 固定電話番号サービス

2014-07-25

ワンストップビジネスセンターのビジネスプランは東京03・大阪06のお客様の専用番号を取得し、ご利用いただける固定電話番号付きの大変お得なプランです。

固定電話番号にかかってきたお電話は設定した転送先の電話機にダイレクトに転送されます。転送先は「操作元」のお電話機より自由に設定を変更することが可能です。03・06での発信は「操作元」お電話機からの操作で可能となっています。セキュリティー上、操作元(固定電話番号を操作するお電話機)からのみ発信が可能ですので安心してご利用いただけます。

ナンバーディスプレイは二通りから選べます。ご利用いただく電話番号を表示する「マイナンバー」とかけてこられた方の番号を表示する「フロムナンバー」です。どちらもメリットとデメリットがあります。

例えば、転送先が個人の電話でマイナンバー設定の場合、仕事上のお電話という判断はつきますが、誰からかかってきているのかわかりません。フロムナンバーの場合、相手の電話番号はわかりますが御社にかけてきているのか、お客様個人にかけてきているのか判別ができません。

どちらもメリット、デメリットがありますお客様にご選択いただいております。(ナンバーディスプレイの選択は必須です)

 

転送先の番号設定は自由にご自身で操作元のお電話機より変更していただけますが、操作元のお電話番号の変更とマイナンバーとフロムナンバーの設定を変更する場合は、システム変更手数料として2,000円+税を申し受けておりますので、ご注意ください。

バーチャルオフィスの利用価値

2014-07-22

主にインターネット上で仕事をしていまして、自宅の最寄り駅から3駅離れたところにある小さなマンションの1室を借りてオフィスのように利用しています。今のところ一人ですし、もったいないから自宅で仕事すれば?と周りからもいろいろ指摘を受けますが、自宅の住所を表に出すのが嫌で、(妻からも自宅住所を仕事用に公開しないで!と強く言われており・・)自分でももったいないと思いながらマンションを借り続けています。とは言ってもその経費がバカにならず、バーチャルオフィスの利用を考え出しましたが・・今一歩踏み切れませんでした。今は個人としての活動ですが、近い将来の法人化に向けて、法人登記できるのか、利用するにあたり不便さを感じないのか、住所を見たときに違和感は感じないのかなど、いろんなことを考えていたのです。そこで、バーチャルオフィスについてネットで調べて今現在借りているマンションの地域にあるバーチャルオフィスを見学することにしました。対応してくれた担当者の印象もよく、明るい感じの会議室でコーヒーを飲みながら分からないことを質問しました。いや、最初の疑問点はホームページを見てだいたい分かっていましたので、再確認です。登記をしてもいい住所なのか、郵便物が届いた時の対応だとか。何より安心したのは雰囲気です。実際に行ってみると良い雰囲気を感じることができましたし、自分にとって利用価値は高いと思いました。悩んでいないで早く来ればよかったです。

支店としてバーチャルオフィスを利用

2013-12-10

こんにちわ。

ワンストップビジネスセンター麹町店です。

毎日寒いですね。

さて、今回は、支店としてバーチャルオフィスを利用するケースについてお話したいと思います。

バーチャルオフィスを支店とする場合は、支店の設置の登記が必要で、登録免許税がかかります。

登録免許税とは法務局に収める税金で、本店と支店の所在地によって金額が異なります。
本店と支店が同一の法務局の管轄下にある場合は、登録免許税は6万円です。
支店が本店とは異なる法務局の管轄になる場合は、6万9300円です。

千代田区を管轄している法務局は東京法務局ですが、千代田区の他、
中央区、文京区と八丈島や大島などの東京の島を管轄しています。

たとえば、本店が港区にある会社が、ワンストップビジネスセンター麹町店を支店とする場合は、
管轄する法務局が異なりますので、登録免許税は6万9300円になるというわけです。

登記にはおおよそ10日〜2週間程度かかりますので、バーチャルオフィスを支店として利用する場合は、
バーチャルオフィスの会員登録〜支店の設置登記の完了まで2週間〜3週間を想定いただければと思います。

 

それでは、皆様、暖かくしてお過ごしください。

 

 

営業所としてバーチャルオフィスを利用

2013-11-19

こんにちわ。
ワンストップビジネスセンター麹町店です。

バーチャルオフィスの用途はお客様によって様々ですが、
本日、見学にいらしたお客様は、本店(本社)以外に営業所として利用できる場所を探しているため、バーチャルオフィスをご検討されているとのことでした。

営業所を置く場合、登記は不要です。

また、通常、営業所としてリアルなオフィスを設置するときは、税務署に設置の届けを提出し、法人住民税も払う必要がありますが、バーチャルオフィスを営業所とする場合は、
設置届けは不要となります。

本店が地方にあるけれど、東京で活動をするための拠点として、都内のバーチャルオフィスを利用すれば、費用をセーブしてビジネスを拡大できるチャンスになりますね。

会議室

2013-10-31

こんにちは。

10月も最終日となりました。
空気も冷たくなってきて、もうすぐ冬がくることを感じます。

さて、今日は会議室のお話しをいたします。

ワンストップビジネスセンターの各拠点には会議室が1室ずつ(青山店は7室)ありますが、会員に登録いただきますと、登録拠点の会議室だけではなく、すべての会議室を格安でご利用いただけます。

基本利用料は1時間あたり1000円(税込)です。

頻繁にご利用いただく会員さまには、もっとお得なチケットもご用意しております。このチケットをお買い求めいただくと、1時間833円でご利用可能です。

こんなにお安くご利用いただけますが、もちろん、お部屋は冷暖房完備です♪ 光熱費はいただきません。(以前、プライベートで利用した会議室では別途光熱費を請求されたことがありました!)

無線LAN、ホワイトボード、大型ディスプレイ、パソコン等の備品も無料!でご利用いただけます。

HDMIケーブルのご用意をしておりますので、対応パソコンをご持参いただければ動画を鑑賞したり、音声付きのプレゼンテーションをしていただくことも可能です。

ウォーターサーバー、お茶、お菓子なども無料!でご用意しております。

お部屋は予約制になっており、ご自身でインターネット上の予約カレンダーでご希望の拠点の会議室を選び、ご利用日時を入力していただきます。

ご予約は1年先まで入れていただけます。
キャンセルは前日の24時までに予約カレンダーから削除していただければ、
利用料は一切かかりません。

麹町店の会議室の特徴は

1.椅子とテーブルを教室型に並べ変えていただけますので、
  セミナーなどにご利用いただけます。

2.広さは10畳で、定員12名と広いお部屋です。

3.ベランダで喫煙可です。

4.インテリアは落ち着いた雰囲気です。

5.予約可能時間 平日土日祝日 9:30〜22:00 です。

予約と予約の間は、お部屋をお掃除するために15分間のインターバルを設定させていただいておりますので、たとえば、9時30分から12時30分まで、すでに他の会員さんの予約が入っている場合、12時45分からご予約が可能となります。

みなさまのご利用をお待ちしております!

駅から徒歩0分

2013-10-15

こんにちわ。
ワンストップビジネスセンター麹町店の山田です。

関東地方に台風が接近中とのこと。
麹町も、今、かなり強い雨が降っています。

麹町店は、地下鉄の出口を出てすぐ隣のビルにありますので、
このような雨の日も、まったく外を歩かなくてすみます。

夏の暑い日や大雨の日は、ホントにうれしいです。

先日、見学にいらっしゃったお客様が
「迷ってしまいました」
とおっしゃったので、

よくよく伺ってみると

「あまりにも近くてわかりませんでした。
こんなに近いとは思っていなかったので。」

とのことでした。

有楽町線・麹町駅の5番出口の階段を上ったら、
すぐ右隣のビルの最上階(9F)です。

出口を出たら、どこへも歩き出さないでくださいね。
すぐ隣です!

ビル1Fにエレベーターがありますので、
9Fまで起こしください。

ビル1Fには表札が出ています。

有楽町線ですが、

永田町・有楽町方面からお越しの方は、前から2両目

池袋・飯田橋方面からお越しの方は、一番後ろ

の車両に乗車されると便利です!

バーチャルオフィスの郵便転送

2013-10-04

こんにちは。

ワンストップビジネスセンター麹町店の山田です。

昨日の東京は最高気温が28度で、蒸し暑く汗ばむくらいでしたが、
今朝はひんやりしていて気温は18度、昨日との温度差がなんと10度です! 
体調管理には気をつけたいと思います。

さて、本日は金曜日、ワンストップビジネスセンターでは、
郵便物を会員さまに転送する日です。

麹町店でも、今さっき、発送を終えたところです。

ということで、今日は、当バーチャルオフィスのサービスの1つである「郵便転送」についてお話しします。

郵便転送とは、拠点に届いた会員さま宛の郵便や宅急便・メール便を、
会員さまのご指定の場所に転送するサービスです。

エコノミープラン、ビジネスプラン、プレミアムプランのいずれのプランにも、
この郵便転送サービスは含まれておりまして、一般的な封書やはがきであれば、
転送費用はかかりません!
(月額の利用料に含まれます。)

まず、郵便や宅急便・メール便は届きましたら、当日中に会員さまに
メールで、どこから何が届いたかをご連絡をしております。

月曜日〜金曜日に届きましたものを、
その週の金曜日の午後、まとめてヤマト運輸のメール便にて
各拠点より会員さま宛に転送します。

麹町店の場合は、都内ならびに近郊への転送であれば、
だいたい翌月曜日には到着します。

お急ぎの場合やご希望の方は、直接、麹町店にお引き取りにお越しいただいても結構です。
ちなみに、麹町店でのお渡し時間は、平日9:30〜18:30です。
すぐにお渡しできるようご用意しておきますので、お引き取りにお越しいただく前にご連絡ください。

転送費用ですが:

サイズ:  A4・厚さ2センチまで
通 数:  1ヶ月100通まで

であれば無料です。

ちなみに、麹町店は、1ヶ月100通を超える郵便が届く会員さまは、今のところいらっしゃいません。
もし、超えた場合、1通につき30円を転送料としていただきます。

A4・厚さ2センチ以上のサイズのものが届きましたときには
有料で転送いたします。

その場合は、ヤマトの宅急便のコレクトサービスを使い転送しています。
会員さまは、お受け取りの際に1件¥1500円〜をお支払いいただきます。

たとえば

A4サイズで厚さが1センチの冊子が、1冊ずつ封筒に入って合計3冊届いた場合は、
3冊とも無料転送の対象ですが、

3冊がまとまって箱に入って届きますと、厚さが2センチを超えてしまうため、
無料転送ができません。

ビジネスで多く利用されている長形2号サイズの封筒は、A4を少し超えますが
厚さが2センチ以内であれば、無料転送しています。
(封筒は畳みます。畳めない場合は有料転送になります。)

レターパックや宅急便/DHLなどの書類用の固いパッケージで届くものは、
A4サイズを超え、折り畳めませんので、無料転送の対象外となります。

なお、下記のものについては、受け取れませんので、ご注意ください。

花、植木、生もの、冷凍冷蔵食品
特別送達(裁判所や公証役場が訴状などを郵送する際に使用する配達手段で、本人以外は受け取れません。)
大きな家具や家電など当オフィス内で保管場所が確保できないようなもの

これらが届きました場合は、当方では受け取らずに不在票をもらい、
その伝票番号を会員さまにお伝えしております。
会員さまにて、郵便局や配送業者に連絡していただき、ご自宅等で直接お受けとりください。

郵便の転送サービスについて、ご不明点があれば、お気軽にお問い合わせください。
皆様のご利用をお待ちしております。

バーチャルオフィスで会社設立

2013-09-26

こんにちわ。 ワンストップビジネスセンター麹町店の山田です。

今日は会社設立のお話しをします。

バーチャルオフィスをお探しの方の多くが法人、あるいは起業を検討されているのではないでしょうか。
麹町で登録いただいている会員さまも7割が法人です。

会社設立する際の悩みのBest 10というのがあったのですが

第1位 資金
第2位 オフィスの場所
第3位 届出書類
第4位 会社名

でした。

オフィスを借りずに、バーチャルオフィスを利用すれば、

  • オフィスを賃貸し維持する経費を大きくセーブできる
  • 都心の一等地やご希望の場所を会社の住所とすることができる

ので、悩みの1位と2位が大きく軽減、解決しますね!!

このことからも、世の中の起業ブームに伴い、バーチャルオフィスのニーズは
今後ますます高まることと思います。

さて、3番目の悩みは会社名だそうですが、
現在の会社法では、会社名は、原則、自由に付けることができます。

しかし、バーチャルオフィスを会社の本店とする場合は、
会社名を付ける際、1つだけ注意していただきたいことがあります。

それは、

あなたの会社と同じ名前の会社が、あなたのバーチャルオフィスの住所を本店として登記していないか

ということです。

「同一の所在場所において同一の商号(会社名)は使用できない」という規定があるため、
同じ名前の別会社が、すでにあなたのバーチャルオフィスの住所を本店として登記していると、
あなたの会社は登記ができないという事態がおこります。

バーチャルオフィスの場合、多数の会社が同一住所を利用するため、
確認した方がベターですね。

そして、この確認は、会社定款の公証を受ける前にしましょう。
(株式会社や一般社団法人を設立するための登記の申請には、
公証役場で公証した定款を添付することになっています。)

もし会社名や本店所在地を変更するとなると、再度公証を受ける必要があり、
再度費用を払うことになります。

ワンストップビジネスセンターでは、内見時に各拠点のマネージャーに
確認してくださいね。もちろんカスタマーセンターでもお調べできます。

その他、本店の所在地を管轄する法務局に行って、商号調査簿を閲覧し(無料)、
確認することもできます。

なお、同じ名前だと本店として登記ができないのであって、
同じ名前の会社が同じバーチャルオフィスを利用することはまったく問題はありません。

ワンストップビジネスセンター麹町店では
お部屋の内見時に会社設立に関するご相談もお受けしております。

お気軽にご来所くださいね。
お待ちしております。

麹町の街

2013-09-19

こんにちは。

ワンストップビジネスセンター麹町店の山田です。

麹町店は今年の2月にオープンした都内で7番目の支店です。

現在、ワンストップの中では千代田区にある唯一の支店でもあります。

 

このブログでは、当支店のご紹介、麹町のこと、皆様に役立つ情報などを

書かせていただきますので、よろしくお願いします。

 

さて、1回目は麹町の“街”のお話しをいたします。

 

以前、ある組織がネットで行った調査によると、千代田区のイメージは、

23区の中で一番

「交通の便が良い」

「大企業、有名企業が集まっている」

「政治経済の中心である」というものでした。

 

麹町も、麹町駅の他、市ヶ谷駅、四ツ谷駅、半蔵門駅からも徒歩圏内、

且つ、

地下鉄を利用すると都内のたいていの主要駅まで20分あれば

行くことができますので、ビジネスにはとても便利なエリアです。

 

麹町店のある麹町駅プラザの通りをはさんだ反対側には日テレの旧本社ビル、

裏手にはセブンアンドアイホールディンングス本社などの

大きな会社がある一方で、路地を入ると、緑が多くて、

静かな美しい通りが多く、私立の名門校や大使館が多い場所でもあります。

そもそもここは、江戸時代は武士や大名のお屋敷街だったそうで、

明治から昭和にかけては、島崎藤村や与謝野晶子など多くの

著名な文化人が好んで住んだ街だったという歴史があります。

 

都心の大きなビジネス街でありながら、

なんとなくゆったりした空気が流れている上品な街。。。が麹町です。

 

このような素敵な場所にあるバーチャルオフィスを、

是非あなたの拠点にしてください。

 

見学やお問い合わせをお待ちしております!

東京千代田区の格安バーチャルオフィス。ワンストップビジネスセンター麹町がオープンしました!

2013-02-22

東京千代田区の格安バーチャルオフィス。ワンストップビジネスセンター麹町がオープンしました!

ワンストップビジネスセンター麹町店は2013年の2月にオープンした新しいバーチャルオフィスです。

司法書士事務所が運営し、司法書士事務所も隣接しているため、安心してご利用いただけます。

司法書士事務所のスタッフが常駐しているために、会社の新規設立、登記関係、トラブル関係のご相談などは
お気軽にご利用いただけます。

日本テレビの麹町分室なども近くにあり、上質なビジネス街です。

今後ともよろしくお願いもうしあげます。

八代

Copyright(c) 2011 1 STOP BUSINESS CENTER All Rights Reserved.