1.  > 
  2.  > 
  3. ワンストップビジネスセンター表参道店ご利用者の活用事例インタビュー 株式会社コンポタ 代表取締役 石川カズキ様

ワンストップビジネスセンター表参道店ご利用者の活用事例インタビュー 株式会社コンポタ 代表取締役 石川カズキ様

お客様の声

お客様の声 石川様

土本- (以下土本)本日はよろしくお願いします。まず、石川様のお仕事の内容をおおまかにお伺いできますか?

石川様- (以下石川)私は元々サラリーマンとして働きながら、いわゆる劇団と呼ばれるところにも所属をしていました。その劇団と呼ばれるところは僕が大学時代の頃に立ち上げたのですが、元々は人形劇団を行うところで、人形が出てくるコントみたいなことをしています!

土本- めちゃくちゃ面白そうじゃないですか。その劇団はコントをしているのですか?

石川- コントですね。新宿にプーク人形劇場という場所がありまして、基本的には毎年そちらで1回本公演をやらせていただいています。

土本- 面白い!劇団なのですね。

石川- はい、一番言いやすいのは劇団ですね。人形とか、映像とか、iPhoneとかも使っていて、僕たちは小芝居と呼んでいるのですが、「コントをする」ということをしています。僕が話を書いて、人形を創って、映像も創って、実際に舞台上にデモもしますし、話もする、というようなことをしていますね。

お客様の声 石川様土本- へぇ!かなり変わっていらっしゃいますよね?

石川- そうですね。そういうコントのような劇団みたいなことを基本的にはしていますね。

土本- その劇団を会社組織にされたのはいつですか?

石川- その劇団は今年から会社組織にしました。

土本- その前は、石川様は個人事業として劇団をされていたのですか?

石川- 僕はサラリーマンをしながら個人事業として劇団をしていました。

土本- 石川様はなんでこのタイミングで劇団を会社にしようと考えられたのですか?また、会社設立の際にバーチャルオフィスを選ばれた理由は何だったのでしょうか?

石川- 最初はサラリーマンをしながら劇団を続けていたのですが、やはり劇団の方を僕の人生の中心にしたいと思うようになりました。

一般的にはこのような場合、ある程度劇団で収入を得られてご飯を食べられるようになってから飛び移ると思います。しかし僕の場合は、ある程度の収入を得られるまで待つことにもう我慢ができなくて、もういいやと思ってしまって劇団へと飛び移りました。

ちょうど、そんな時に劇団のメンバー経由である企業からホームページ制作の仕事の依頼をいただきました。そちらの依頼していただいた企業が僕に対して個人ではなく法人で契約をしたいということで、「じゃあ、面白そうだからこれをきっかけに会社を作るか」という流れになりました。

土本- その会社の立ち上げ時は石川さんだけですか?

お客様の声 石川様石川- はい、立ち上げ時は僕が代表で僕一人だけの会社でした。会社を立ち上げる際にオフィスが必要となりましたが、賃貸契約をして毎月オフィスの家賃を払えるような状態ではなかったのでどうしようか、という話になりました。

それがきっかけでオフィスを構えずに会社を設立できる他の方法をいろいろとインターネットで検索していたところ、ビジネス住所を利用できるバーチャルオフィスというサービスオフィスがある事を知りました。

土本- インターネット上で会社設立の方法をいろいろ調べていった結果、サービスオフィスのバーチャルオフィスにたどり着いたということですね。

石川- はい、そうですね。

土本- 数あるバーチャルオフィスの中から、なぜワンストップビジネスセンターを選んでいただけたのですか?

石川- 私は代々木公園の近くに住んでいるのですが、会社宛に届いた郵便物を引き取りに行く場合に、僕の自宅の近い場所にバーチャルオフィスの拠点があったほうがいいなと思いました。

土本- ワンストップビジネスセンターを選んでいただきまして、ありがとうございます。今後の石川さんの事業の方向性をお伺いできますか?

石川- 事業の方向性としては、基本的には劇団なので作りたいものをつくって、それを発表していくということですね。

例えば、電話の中での公演とかやってみたいですし、自分の中でも新しいものを常に取り入れていきたいと思っています。

土本- へぇ!!それは確かに変わっていますね。劇団メンバーのみなさんは、フリーランスとして活動されているのですか?

石川- いえ、会社員、漫画家、公務員なので、基本的にみんなそれぞれの仕事をしていて、僕が創って「こういう脚本を創ったよ」と伝えてから、スケジュールを組んで稽古をしていく感じですね。

お客様の声 石川様土本- そうなるともう、劇団の稽古はアフターファイブになってきますね。

石川- 基本的にはそうですね。それか、お笑い芸人を目指している子あたりだと結構僕と時間を合わせやすいので、客演という形で公演に出ていただくこともあります。

土本- 今後が楽しみです。今日は本当にありがとうございました!

Copyright(c) 2011 1 STOP BUSINESS CENTER All Rights Reserved.