1.  > 
  2.  > 
  3. ワンストップビジネスセンター表参道店ご利用者の活用事例インタビュー 株式会社ラポール 代表取締役 梶原美保様

ワンストップビジネスセンター表参道店ご利用者の活用事例インタビュー 株式会社ラポール 代表取締役 梶原美保様

お客様の声

お客様の声 梶原様

ワンストップビジネスセンター青山(以下青山): まず事業内容からお聞かせいただいてもいいですか。

梶原様(以下梶原): はい。個別指導型の就職、再就職の支援のコンサルティングをメインで行っています。具体的にいうと個人契約の場合は私のお知り合いの方からの紹介がメインなんですが、対象者としては個人的なキャリア相談や職場の人間関係の問題、夫婦間の問題など多岐にわたります。最近では就職活動中の学生さんから個別指導型で面接指導や相談に乗ってほしいという依頼も増えています。基本的に私は1対1の対応を行っていますので、集合研修のようなものはやっていません。再就職支援コンサルティングに関しては個人との契約ではなく企業様との契約が中心です。独立する前にエグゼクティブ対象の個別再就職支援に従事していたことがあるため、その流れで、特定人材に対してのご相談を受けることが多いです。初めはカウンセリングから入って、どのような形で進めていくか、ご本人の希望や思いを理解しながら、今後のプログラムを提案していきます。そのため形づくったものでなく、手作り方式のスタイルが私の基本になっています。プログラムを進めていく中で、ご本人の気持ちの整理、方向性が固まった時点で、希望に沿う職種、仕事内容に見合う具体的案件をその方自身が探していくお手伝いをしながら、それぞれに対してどのように対応していくのか細かなアドバイスを行っています。

お客様の声 梶原様青山: いやー心強いですね。だって今ちょっとお見合いと似てるなと思ったんですけど、ここがいいなと思って受けてもご縁がなかったというケースもあるじゃないですか。そういう心が折れそうな時にアドバイスをいただきながらっていうのは本当にこころ強いですよね。梶原様って入ってきた瞬間に仕事バリバリやってらしたのだろうなー、活躍されてらしたのだろうなーという感じがにじみ出てるんですが、前職は何をされていたんですか。

梶原: そうですか?!前職については先ほど少し触れましたが個別指導型の再就職支援に従事していました。その前は人材紹介業ですね。私は色々な経験をしているんですよ。大学を卒業してから医療機器のメーカーに入ってそこでメディカルドクター対しての営業をやっていました。

青山: へー!ドクターって気難しい印象があります。

梶原: そうですね。そういう方もいます。ただ皆さん、はじめは気難しそうに思えても、訪問を重ね信頼を得るうちに、先生からご相談いただく関係にもなれます。本当に当時は沢山の先生方に医療知識について教えていただきました。私、昔からそうですけど職業とか年齢とか国籍とかそういうものに対して枠組みを作って人に接しないところがありまして、悪く言えば図々しく思われることもあったかもしれませんが、とにかく一生懸命だったこともあり、最終的にはお客様に育てていただいたと思っています。

青山: それが大学卒業してすぐできるってすごいですよね。

梶原: ん・・そもそもそういう性格でした。子供の頃から。

青山: その後はどういう仕事をされていたんですか。

梶原: 皆さんに、えーって驚かれるんですが、転職6回しているんですよ。業界で大別するとメディカル・化粧品・教育・人材ですね。ただその経験が今の仕事に活かせています。1社だけしか経験してないとそこがすべてだと考えてしまうんですが、20代の頃にはいずれは独立したいなと思っていたんです。ただその頃は、では何?といわれても漠然としていました。興味関心のあること、何に携わるのかについて揺れながらの転職だったと思います。20代の頃はほとんど外資系大手に勤めていて、1社だけ日系の会社にいました。人材業界に入ったのは29歳のときです。ちょうどその頃、人材業界が右肩上がりの時期で、インテリジェンスという会社に入社しました。そこで約5年勤務し、その後、ヘッドハンティング会社に入社しました。先にお話ししたように、そちらの関係会社にて最後の2年エグゼクティブ対象の再就職支援事業に携わり、今があります。

お客様の声 梶原様青山: そうでしたか。いろいろな経験をされたんですね。だからこそ、沢山の人にアドバイスできるのですね!ところで、独立を決定された際に、いろいろと準備も必要だったと思いますが、当社のオフィスを選択いただけた理由はどういったものだったのですか?

梶原: カウンセリングという仕事柄個室が必要なんですね。企業向けの採用支援コンサルテイング、あ、カウンセリング以外には採用支援コンサルティングも行っています。これは採用の一部業務を請け負うものです。失礼しました。話は戻りますが、採用支援コンサルティングであれば、クライアント先で仕事をするかパソコンと電話があればどこでも仕事が出来る環境ですが、カウンセリングとなるとやはり個室が必要となります。現在、自宅を支店としているため、自宅でできる仕事は自宅でしていますが、外部の方との打合せやカウンセリングにどうしても場所が必要になります。固定のオフィスを借りれば、固定費も発生しますし、立ち上げの段階ではリスクもあると考え、いくつかのバーチャルオフィスを見学した結果、ここだ!と思い見学当日に即契約させていただきました。

青山: え!!何でですか。

梶原: 理由は…雰囲気ですね。非常に落ち着く空間だなーと思ったんですね。私は表参道で契約しているんですけど、青山も後ほど見せてもらってやっぱり問題ないなと思ったので。ポイントとしてはカウンセリングという特徴上、対象者にとって安心できる場所であること。一般的なレンタルオフィスや貸し会議室などのインテリアはモノトーン系の部屋が多いと思います。そういったところは企業様との商談には良いと思いますが、カウンセリングには適していないと思っています。御社の各部屋のインテリアは基本的にウッディーな素材が多く、やわらかいイメージですよね。そこが不安や悩みを抱えている方にとって、安心できる色使いや家具を備えられているという意味で、ここであればゆったりした気持ちでカウンセリングに臨めるのではと思い契約を決めました。あとは、それぞれの会議室が駅に近いこと。また複数の場所を利用出来ることですね。カウンセリング利用者にとっては通いやすい場所を選択できるということも当社を利用いただくメリットだと考えました。

お客様の声 梶原様

青山: ありがとうございますー実際使われて率直なご感想ありますか。

梶原: すごく満足していますよ。飲み物やちょっとしたお菓子も用意されていて。お客様からは「ここ落ち着きますね」と言われますし、静かですから、しっかりとカウンセリングできています。

青山: 人に聞かれてるかと思うと話ができなかったりしますもんね。

梶原: そうなんです。そこが喫茶店で友達に相談する、お酒の場所で愚痴を言うというものとの違いですね。それもストレス発散でいいんですけど、問題解決には至らないという方が多いです。そういう悩みを抱えた方と面談する際、私が大切にしていることは、カウンセリングに来られた時は下を向いていらしても、帰られるときは笑顔で帰っていただけるようなカウンセリングを心がけています。形だけでない心が通じるカウンセリングです。

青山: そうですよねー。梶原さんに会ったらよし、やるぞ!っていう気持ちになりますもんね!

梶原: そうですか。ありがとうございます。

青山: 本日はいろいろなお話を伺いましたが、今後どのように展開していきたいという計画はお持ちですか。

梶原: 今後は・・自分自身ブラッシュアップして勉強していかなければいけないと思っています。その人材紹介ビジネスのほうは10年以上経験しましたが、本当のカウンセリングのほうはまだ3年くらいです。もちろん人材紹介業に従事するということで、数多くの方の相談は受けていますが、きちんとカウンセリングを勉強して資格を取ったのはこの数年ですので。カウンセラーとしてのスキルを磨いたのちは、もっとたくさんの人が気軽にカウンセリングを受けれるような環境作り、コミュニティが作れたらなと思っています。
まだ日本ではカウンセリングって?なにがどういうものか一般的に明確ではないと思っています。

青山: そうですね。私もカウンセリングってよく聞くんですけど、幅広いじゃないですか。それこそエステでもネイルでもカウンセリングだし、心理カウンセリングもあるし、実際自分でカウンセリングにいくっていうのは日本ではハードルが高いじゃないですか。どういうことをやってくれるんだろうっていまいち広まってないですよね。

梶原: コミュニティ作りについては具体的構想はあるんですけど…今のところはシークレットで…。

青山: 女性の社会進出がどんどん進んできてずっとストレスとかプレッシャーの中、自分の中で折り合いをつけながら働いてきてると思うんですけどその折り合いの中でもうちょっとだったのにってなったときに梶原様に出会って話を聞いてもらえることが出来たら素敵ですよね。転職のタイミングとかじゃなくても元気がなくなっちゃったときに相談にのってもらえれば。職場での女性同士での人間関係など、悩みを抱えている方が多いように思います。

梶原: 確かにありますね。

青山: そういうとき話をプロとして聞いて下さる方がいれば心強い気がします。お話を伺ってずっと感じていますが、梶原さんって人が好きなんですね。

お客様の声梶原: そうですね!人が好きです。誰でも多かれ少なかれ、相性もありますから、ちょっとこの人苦手だなということはあると思います。その程度のものが膨らんで、相手に対して冷たく接したり、憎まれ口を叩いてしまうなど。これは近い関係であれば尚更そうですね。でも実は憎まれ口を叩いてしまった本人もいい気持ではないわけで。その詰まってしまった思いの部分を掃除するというのが大事なわけですが、人から注意されて掃除できるわけでもない。自分自身がその問題を解決することが大切。私はカウンセリングを通じてそのもやもやな気持ちを整理するお手伝いをしています。ご本人がその根底に気づくことが変化につながっていきますので、その状態に来たときに、やっとすっきりして雲も晴れ間になるということですね。私自身もその方の問題に共に寄り添うことで最後に相談者の方が笑顔になられる。その瞬間がとても幸せに感じます。

青山: 不安なときに伴奏してくれる存在。すごくこころ強いですよね。今日はお話しを聞かせていただいて学びになりました。ありがとうございます。

梶原: とんでもないです。こちらこそ。

株式会社ラポール 代表梶原美保
プロフィール:
大学卒業後、株式会社ジョンソン エンド ジョンソンにて医療用具の営業としてスタート。その後、大手外資系化粧品メーカーにて営業・研修・販売を経験した後、教育分野に関心を持ち文部科学省管轄の財団法人にて検定試験普及広報活動に携わる。2003年より大手人材紹介会社インテリジェンスへ入社しキャリアコンサルタントとして活躍。約5年を経て国内大手のヘッドハンティング会社で人材採用スカウト、社内新入社員研修室長、グループ会社再就職支援会社での取締役を経て起業。

明治大学卒業 / 福岡県出身 / 産業カウンセラー

http://rapport-co.jp

Copyright(c) 2011 1 STOP BUSINESS CENTER All Rights Reserved.