1.  > 
  2.  > 
  3. ワンストップビジネスセンター表参道店ご利用者の活用事例インタビュー 株式会社エヴァンジェ 代表取締役 望月洋志様

ワンストップビジネスセンター表参道店ご利用者の活用事例インタビュー 株式会社エヴァンジェ 代表取締役 望月洋志様

お客様の声

お客様の声 望月様

土本(以下土本)- それではまず望月様の株式会社エヴァンジェの事業の内容を教えていただけませんでしょうか?

お客様の声 望月様望月様(望月)- スマートフォンのアプリケーションの開発です。

あとは特にその中で利用されるデザインですとか、機能面ですとか、そういったトータルのところからサポートして、どういったPRをしていけばアプリケーションがダウンロード進むのかっていうところを、自社のものもやりつつ、外からの受託というところも受けながらやっているというところです。

土本- コンサルっていうことになるんですかね。

望月- そういうこともやっております。

土本- あと、動画とかも結構やってらっしゃるとか。

望月- はい、前職の絡みというか、前職の時から個人的にやっていた仕事なんです。動画制作や、Ustream配信ですね。お声が掛かったらお手伝いするという形で対応させていただいていたのですが、せっかくそういう縁が続いているのでそれも事業としてやっていこうということで。

土本- なるほどですね。今、何名でやってらっしゃるんですか。

望月- 今のところは、メインで動いているのは私だけです。あとパートナーとして何名かいるっていう形ですね。

土本- なるほど。理想的な体制ですね。独立されるきっかけというのは何だったんですか。

望月- 前の会社の時にケータイ、所謂ガラケーと言われるような端末向けのサービスをやっていたんです。それも事業として一段落したというか、あとはそんなに運用コストを掛けずにやっていこうみたいな方針になったので、じゃあ私の役目は終わったかなみたいなところもありまして。

土本- なるほど。

望月- それで、そこを退職することになりまして、就職という手もあったんですけど、自分の培ってきたノウハウですとかスキルみたいなのを活かしたいって思ったんですよね。それと、元々僕自身が20代の時に声優をやっていたんですよ。声優さんたちの知り合いも多くいましたので、こういう声優さんたちに使った企業へのプロモーション提案ができるんじゃないかと思ったんです。これは今での当社の事業のひとつですね。

土本- へぇ、声優さんを使ったビジネスですか!?

望月- その頃はどちらかと言うと声優の活躍する場所というのが、ゲーム、アニメ、あとは洋画の吹き替え、みたいなところだけだったんですね。 仕事の母数自体がそれほど多くはないので、不安が常に付きまとうんですね。

自分がこれから別のファクターとしてビジネスを積んでいくことによって、そういう人達をうまくマッチングしてサポートしていけるのではないかと思いました。もともとPCをいじっていたので、パソコンの世界で必ずそういう時代が来るだろうなっと思っていました。

さらに、携帯電話が出てきて、さらには携帯電話からスマートフォンへ行って、スマートフォンとPCと、あとはテレビみたいな形で、自分のアイデアだとか企画だとか、行動次第で動けてビジネスにしていけるという環境が、ここ何年かでようやく揃ってきたなっていう、本当にそういう巡りあわせを感じます。

お客様の声 望月様土本- よし!今だ!と。

望月- そうですね。

土本- なるほどですね。まず起業しようと思い立たれて、自宅で起業しようとか、事務所借りようとか、っていうのは思われなかったんですか。

望月- 一応、色んな方に起業するにあたって相談をしました。そしたらみんな口をそろえて、ミニマムスタートがいいよって。

土本- それは起業されてる諸先輩方に。

望月- そうですね。で、ミニマムスタートで、自分の手の届く範囲から始めて、仕事をしていきながら、チャンスを見つけていく方がいいって言われましたね。まあやっぱりそうなんだろうなってところは自分でも感じていて。

自宅とかでやって、まだ持ち家だったら問題ないと思うんですけど、賃貸で借りているので、そこを登記というわけにもいかないのですし。、そうすると今ですとバーチャルオフィスや、他にもいろんな形態があると思うんですけど、そういった選択肢の中から、いろいろ探しましたね。そこでワンストップビジネスセンターを知って、料金も安いですし、コチラの思っているニーズが満たされていたので、すごくいいなと思ってお願いさせていただきました。

土本- ありがとうございます。今望月様が使っていただいてるのは、表参道のご住所なんですが、どうして表参道を選ばれたんですか?

望月- 場所として青山か表参道がいいなと思ってました。表参道を選んだのは、そこから結構近いところに今の取引先だとか、知り合いの会社だとかがあるんで、ちょっと寄せておこうみたいな。軽い気持ちです。それと青山よりちょっとだけ安かったんですよね。

土本- (笑)。確かに、青山より少し安い価格設定にさせていただいております。それは、スタッフ常駐ではないからですね。

望月- なるほど。でも今の時代アポなしでお客さんは事務所に訪問することもないから別に気にならないですけどね。あと、やっぱり住所を見ると「ああこんな所に会社があるんですね」というような会話のきっかけにもなりますね。そういう意味だと表参道や青山とかいうのはいい印象を抱いていただけるっていうところがあります。僕もあまり意識してはいなかったんですけど、名刺をお渡しするとそういった反応をいただくことがあります。

お客様の声 望月様土本- それは非常に良かったです。いま望月様は、ご自宅でお仕事をされるんですか?

望月- そうですね。メインで仕事をしているのは自宅になります。開発や動画の作成などは、ある程度マシンスペックのあるPCでやった方が快適に作業ができるので。

土本- 確かに。

望月- そういう環境が揃っているのは自宅ということになるので、自宅を自然と選択しているという形です。

土本- お打ち合わせの際だけ外出されるんですか?

望月- そうですね。

土本- 将来的に事業規模が拡大していく中で、望月様はどの規模までこの働き方で耐えうると思いますか?

望月- 今はまだ一人で回しているので全く大丈夫なのですが、これが人を雇うとか、そういうフェーズに入ってくると、今の働き方でやっていくのは難しくなるかもしれませんね。やっぱりチームで動くってことをした方が効率的に制作ができるので、そこは分岐点というのが必ず来ると思っています。

ただそれがどのくらいの段階になるのかってところは、感触としては自分でもはっきりとはしていないんですけどね。でもある程度の規模の開発であれば、今はインターネットが便利に発達してるので、会わなくても会ってるような形で仕事が可能なんですよね。チャットでワーと。

お客様の声 望月様土本- 確かにそうですね。

望月- そう考えると当面は実はバーチャルオフィスで運営できちゃうんでしょうね。創意工夫しながら。

土本- 確かに世の中、便利になっていますからね。でもその時の事業規模、働き方のスタンスに応じて、事務所はお選びになるべきだと思います。

今日はお忙しい中、本当にありがとうございました。

Copyright(c) 2011 1 STOP BUSINESS CENTER All Rights Reserved.