1.  > 
  2. ワンストップビジネスセンターご利用者の活用事例インタビュー 株式会社ドクターズマネジメンント 代表取締役 佐久間亜子様

ワンストップビジネスセンターご利用者の活用事例インタビュー 株式会社ドクターズマネジメンント 代表取締役 佐久間亜子様

お客様の声

ワンストップビジネスセンター特徴

ワンストップビジネスセンター土本(以下土本)- 今日はどうぞよろしくお願いします。

佐久間社長(以下佐久間) お願いします。

土本- まず、佐久間様の今のお仕事の内容を教えていただけますでしょうか?

佐久間- 弊社は、お医者さんや歯医者さんをサポートする会社です。具体的にどういう事をするかと言うと、開業する先生を始め、色んな院内でのお困りのことをお手伝いしていくという仕事なんですけど、メインのビジネスとしては、医院の見学会ですね。新規開業やリニューアル等の医院の集患のお手伝いをさせてもらっています。

土本- 歯科衛生士が尋常じゃなく可愛い所とかありますね。あれは確実に先生の戦略ですよね!?僕も歯科衛生士が綺麗な方だとちょっと通おうかなって思っちゃいますものね(笑)

佐久間- そうですね。多分エステとかと同じで、やっぱり綺麗な人がいると、自分も綺麗にしてもらえそうっていうようなところもあると思いますよ。

土本- なるほど。

佐久間- 

そういうのもあるんですけど、おしゃれ過ぎて敷居が高いイメージになってしまうこともあるんですよね。

例えば歯科医院でいうと、患者さんが、ここの歯医者さん良さそうだけどちょっと高いんじゃないかっていう風な。

そういうのを払拭するために、私達が見学会っていうものを開いて、その医院がどういう診療方針でやっていて、どんな先生やスタッフさんなのか、費用は保険でできるのか、できないのかなど、そういったものをこの見学会で見てもらって、直接感じてもらうことで、歯医者を選択する選択肢の中にこの先生たちの医院も入ってもらえればいいなっていうお手伝いですね。

土本- 見学会とは、一般の方に医院を見てもらうという事なんですか?

佐久間- はい。例えばうちは二日間ですけど、オープンハウスみたいな日を設けて、ご近所の方に直接病院に来てもらって、どんな医療器材があるとか、後はお口のお悩みがあれば当日は無料で先生ともお話しできて、色んな疑問などを直接聞ける場にしています。また、歯医者さんから足が遠のいている方々を呼び戻すような会にしたいと思って行っています。

土本- へぇ。

佐久間- 後はそれプラス、そこに入るスタッフがどうしても士気が低かったりする場合があるので、どうしてこういう事をするのかとか、医療人としてどういう事を心がけて行かなきゃいけないのかというのを、事前に私達の方で医院のスタッフさんにもお話させてもらって、ホスピタリティマインドと後は接遇ですね、患者さんとの接し方だったり、そういうところをお話させてもらいます。

土本- 私も家具の事業をやってますけど、家具で言う店舗コンサルに近いですね。歯医者さんに特化された、運営のサポートから、スタッフ教育から、集客のお手伝いからという形になるんですかね。

佐久間- はい。

土本- 今佐久間さんはそういったお仕事をされてらっしゃるんですけど、元々は何をされてらっしゃって、どうして起業されようと思ったんですか?

佐久間- 元々は、学校卒業してからは歯科助手として3年ちょっとぐらい働いていて、その後企業の営業事務を2年くらいですね。その後、知り合いから上海の歯医者さんを紹介してもらって、渡中し上海で歯科助手をしていました。日本に戻ってきてからは、割と大きな企業のグループ会社で宣伝を担当していました。そこを退職後、広告代理店のプロモーションチームで、イベントとか色々やらせてもらって、最終的にやっぱり宣伝とか面白いなと思って。

土本- 動かれていますねぇ。

佐久間- そうですね。まあ人生一度しかないので。

土本- (笑)

佐久間- なんか色々やりたい。結構欲張りなんですよね。まあ元々いつかは自分で何かをやりたいなというのは、学生の頃から漠然と思っていたんですけど。それが会社なのか、お店なのか、施設とかなのか何なのかっていうのは全然決めてなかったんですけど、なんか出来ることないかなってずっと思っていました。

たまたま知り合いの歯医者さんの先生に、「医療に特化したサポートをする会社なんていいんじゃない」とアドバイスをいただいて、独立しようかなと思い、私の今までやってきたことと繋がるところも沢山あったので、独立するならこのタイミングでした方が、業界的にまだライバルも少なそうだったので、やってみようと思い、即行動してしまいました。

土本- 独立される時に、どうしてバーチャルオフィスっていう選択をされたんですか?

佐久間- それは、まずは費用ですよね。事務所構えるとなるとお金が凄く掛かってくるので、元々自宅でやろうかなとは思っていたんですけど、自宅だと名刺に住所とか載せて不特定多数の人に配ったりするじゃないですか。そうするとちょっと怖いですよね。女性の一人暮らしなので。

じゃあ安く住所だけでも取れるところがあるのかしらと思って色々調べてたら、御社のバーチャルオフィスっていうのがあったので、結構お安い金額で、電話とかも全部できるっていうので、これは良いなと思って。で、お話聞かせて頂いて。

土本- なるほど。ありがとうございます。バーチャルオフィスという選択を頂いたんですけど、今、働き方っていうのはどんな形ですか?

佐久間- 

ほぼ自宅で作業はしていて、印刷屋さんとかと打ち合わせしなきゃいけなかったりするので、そういう時は会議室を使わせてもらって、という感じですね。

土本- 佐久間さまのプランは、住所とお電話番号なのですが、お電話は携帯ではなく、03にかかってきますか?

佐久間- 名刺にも自分の携帯番号は載せてるので、携帯に掛かって来ることが多いですけど、新規でホームページとか見た方は、やはり03の方から掛かって来ますね。なので、私にとったら03番号は新規、携帯は既存ってイメージです。

土本- なるほどですね。バーチャルオフィスっていうものを使ってみての率直な感想ってありますか?

佐久間- すごい便利です。

土本- ありがとうございます。それはどういった点で?

佐久間- 私はたまたま自宅とお借りしている住所が凄い近いっていうところで、業者さんと打ち合わせするにしても歩いて行ける利便性と、後は郵便とかも転送してもらえるし、急ぎで必要であれば直ぐにも取りに行けるし。受付の方も皆さん良い方が多いので、色々柔軟にご対応頂いてて、助かってます。

土本- そういっていただけると嬉しいです。起業されてみて、予期しなかったこと、めちゃくちゃ大変だったなと思えたことは何ですか?

佐久間- やっぱりお客様、クライアントに辿り着くまでが、結構思ってたよりもしんどいなっていう感じですね。

土本- なるほど。お客様を見つけるっていうことですね。

佐久間- そうですね。

土本- それはどうやってアプローチされたんですか?

佐久間- 狭い業界なので、医科も歯科も、大体紹介とかが多いんですね。
それはどこから紹介してもらうかというと、歯医者で言えば材料屋さんとか、機材屋さんというか、先生と一番密接なところがあるんです。開業する先生の情報も沢山持っているんです。既存の医院であれば飛び込みで営業に行けば良いんでしょうけど、当社は開業やリニューアルする先生がメインになってくるので、そういう材料屋さんや、機材屋さん、施工業者等から紹介をしてもらうために、そういったところに営業に行ったりしています。

土本- なるほど、そういった地道な努力があるわけなんですね。

佐久間- 

すぐにはお客様は見つからないので、早い段階から集客活動を開始できるといいですね。また、今後はもっといろいろな事業等にも取り組んでいきたいと思っています。

土本- 確かに、そうですね。今日は本当にありがとうございました。今後のご活躍お祈りしております。

株式会社株式会社ドクターズマネジメント 
代表取締役社長 佐久間亜子

日本の歯科医院での助手から始まり、中国上海の現地法人クリニックにてアシスタント兼邦人営業を担当。

帰国後は大手企業のグループ会社で宣伝担当として務め、その後、広告代理店のプロモーションチームにて大規模なイベントをはじめ、様々なクライアントさんのプロモーションに携わる。その幅広い経験から、日本の医院のサポートをする株式会社ドクターマネジメントを設立。

http://www.doctorsmanagement.jp/

Copyright(c) 2011 1 STOP BUSINESS CENTER All Rights Reserved.