トップへ戻る

バーチャルオフィスの書類保管サービスについて

イメージ写真 ワンストップビジネスセンターの書類保管サービスでは、ご契約者様の会社書類等を保管させていただきます。

管理は当社で行いますので、セキュリティー面でも安心していただけます。

起業をして会社設立、法人登記をすると、定款や株主名簿などの書類は会社法に基づき、本店所在地(登記場所)での保管が義務付けられています。

定款の保管であれば会社法第31条に基づきます。
“発起人(株式会社の成立後にあっては、当該株式会社)は、定款を発起人が定めた場所(株式会社の成立後にあっては、その本店及び支店)に備え置かなければならない。”

株主名簿の保管であれば会社法第125条に基づきます。
“株式会社は、株主名簿をその本店(株主名簿管理人がある場合にあっては、その営業所)に備え置かなければならない。”



また、NPO法人などの設立の際や許認可の証明書などは、事業所・事務所での書類の保管に関して事前確認がとられる場合もあります。その際は、自信をもって「保管できる」とお答えください!

その他、株主総会議事録や取締役会議事録、利用規約などの重要書類の保管をご希望であれば、ワンストップビジネスセンターの金庫にて保管させていただきます。

(書類保管は提供住所の店舗ではなく、運営会社である当社の東京青山本店にてお預かりをさせていただきます。)

例えば、会社の書類を会社の代表者の自宅で保管されていると、書類の中の個人情報などが私物と混ざりなくしてしまう危険性もありますし、手狭なスペースでの保管は整理整頓が難しい場合もあります。

会社の重要書類ですから、「自宅で保管している」というおおまかな認識ではなく、「自宅の書斎にあるデスクの引き出し2段目に定款を保管している」というように正確に保管場所を覚えておく必要があり管理が大変になります。

また、書類が増えてくると会社のスペースを一部潰してしまう可能性もありますので、管理場所を考えて書類保管サービスもご検討ください。

ワンストップビジネスセンターの書類保管サービスは、有料オプションサービスではなく、住所利用サービスや郵便物転送サービスとあわせて、基本の利用料金内でご利用いただけます。

エコノミープランからビジネス、プレミアム、エグゼクティブプランまで4つのサービス料金プランのご利用者であれば、どなたでも契約期間中はご利用可能です。

日々の管理は当社スタッフが責任を持って行いますし、お伝えいただければすぐに対応可能で、会員様の管理する手間を省くことができます。

書類保管サービスは法人契約、個人契約どちらでもご利用いただけます。

ワンストップビジネスセンターの書類保管場所の閲覧など必要な際はご連絡くださいませ。