MENU

全国店舗一覧
よくある質問
Q

古物商許認可申請について

バーチャルオフィスの住所を利用しての古物商の許認可申請は過去の事例ですとNGとなる可能性があるようです。

理由といたしましては、「申請場所に実態が無い為」ということです。

古物商の営業には営業所を確保する必要があり、実際のスペースを確保する必要があるようです。

バーチャルオフィスですと、住所の利用権はありますが、実際にお客様にご利用いただく事務スペースはなく、ご利用いただけるスペースはレンタル会議室のみとなります。

古物は法令で13種類に分類されており、その種類は着物、洋服などの古着衣類から中古自転車、バイク、時計、各種金券、彫刻や絵画といった美術品まで様々あります。

これらの商品には盗品混入の恐れもあるので古物営業法で都道府県公安委員会の許可が必要になり、その許可を受けた方が「古物商」となります。

古物商許認可の相談等を専門にしていらっしゃる行政書士さんによると、バーチャルオフィスでの開業は避けたほうが良いとの回答です。

念の為、一度、各種許認可申請の代行などを専門に行っている行政書士や、実際に許認可申請を行う警視庁にバーチャルオフィスでの古物商の許認可申請が可能かどうかをご確認いただければと思います。

お問い合わせ・お申し込み

カスタマーセンター 03-4530-0370 電話受付時間 平日 10:00~17:30(年末年始を除く)
  • 安心の返金保証制度
  • プラン変更・店舗変更可能
  • キャンセル手数料一切なし