トップへ戻る

ワンストップビジネスセンターご利用者の活用事例インタビュー 

お客様インタビュー : 株式会社 S-FACTORY 高田朋子様にお話しを伺いました。

土本(以下土本)それではどうぞ、よろしくお願いします。まずは最初に高田様の事業内容を簡単に教えていただけますか?

高田様(高田)ウェブ制作を基本に、お客様の効果を追求する。それをコンセプトにして、どんなメディアを使ってその会社を出していきますかっていうところから、相談に乗っています。たとえば、こういった名刺なんかも作っていますよ。あとは営業活動の提案資料製作なんかもお手伝いさせていただいています。

資料ってどうやって惹きつけて、どうやって見せて、どこで自分の弱みを見せて落とすかっていうストーリーが大事だと思うんですよ。そんなお手伝いをさせていただいています。

土本へぇ、営業資料なんかも作られるんですね。

高田そうなんです。ホームページ製作だけの場合もあれば、営業資料製作だけの場合もあります。ホームページ作りたいけど、予算掛けられないから適当に作ってくださいと言われたら、もう直接facebookを紹介したりとかしています。今だとそっちの方が広告効果ありますもんね。お客様とお話ししていると、今やってることをよくお話しになるのですが、大事なのは、これから何をしていってどう思われたいかっていう夢の部分、会社の可能性の部分なんですよね。ここをよく伺うようにしています。

土本なるほど。ありがとうございます。では次に、どうしてバーチャルオフィスをご利用頂くことになったのか教えていただけませんでしょうか。

高田最初は誰かがワンストップビジネスセンターのことをブログで紹介しているのを見たんです。それを見て、私はそれだけじゃ信用できなかったので、いろんなバーチャルオフィス会社を一覧にして調べたんです。

土本へえ、インターネットで検索されたんですか?

高田ネットで調べまくりました。バーチャルオフィス一覧表みたいなのを自分で作って、私そこまでやるんで(笑)。

土本ええ?ほんとですか。

高田はい。

土本その一覧表、ぜひ見たいです(笑)。

高田バーチャルオフィスを利用するのは、初めてだったので何を基準に決めればいいかが分からなかったんですよね。いろんな会社のホームページを見て、気にするポイントはここなんだなという点が幾つか出てきて、それをまとめて表にして比べたんです。私の使い方で調べたら、ワンストップビジネスセンターの条件が1番良かったんです。料金形態の面もそうだし、郵便物転送サービスの対応とか、会社法人登記の住所の対応とかも、すごい丁寧にわかりやすく記載されていて。

土本ありがとうございます。

高田自分が初めて会社を設立して、すごい不安の中で、いろいろ丁寧に説明して頂いて、契約させてもらったので本当に安心でした。

土本高田様は、独立開業されて会社を作られた段階で、弊社にお申込みいただいたんですかね?

高田そうですね、会社の本店所在地の登記場所として。

土本自宅で登記しようという発想はお持ちではなかったんですか?

高田その発想はなかったですね。逆にそれがいやでバーチャルオフィスを探しました。当時一人暮らしをしていまして、いずれ結婚をするとなると、一人暮らしの家でそのまま結婚することはあり得ないので、引越しするわけじゃないですか。そこで登記をしたくないというのと、女性の一人暮らしをオープンにするのは怖かったですね。そういう個人情報を保護する理由もあって、自宅で登記をするというのは、まず候補の中になかったです。

土本なるほど。じゃあ選択肢としてあったのが、賃貸オフィスを一つ借りるという選択肢か、もしくはバーチャルオフィスということになったということですかね。

高田そうですね。
そうなると賃貸オフィスに比べて圧倒的にコストパフォーマンスの高いバーチャルオフィスになるますよね。

土本ありがとうございます。実際ワンストップビジネスセンターを使って頂いて、どうでしょうか?今ご利用頂いている基本プランがビジネスプランで、お客様専用のお電話番号も発行させていただいてるかと思うんですけど。

高田はい。言ってみれば、ノンストレスですね。スタートアップして事業を立ち上げる方ってだれでもそうだと思うんですけど、ランニングコストとなる固定費、初期費用は出来るだけ抑えたいというのがまずあるじゃないですか。私の場合は、自宅で働きながら、バーチャルオフィスで住所を頂いて、それで仕事をするというスタイルだったんです。

でも途中で自宅を引っ越したんですよ。その時も、郵便物の転送先を変えてくださいってお願いするだけだったし、電話番号も名刺の印刷もそのまま変更する必要がなかったので、本当に助かりました。

土本確かにご自宅を登記されていらっしゃるとプライベートな理由での引っ越しでもお客様には案内を出したりしなくてはいけないので、面倒ですよね。

高田そうなんです。
今の事業では、いろんなコンサルタントさんと組んだりとか、製造業の方と組んだりしているんです。そういう異業種の方と組むようになると、いろんな所に打ち合わせや、商談に使用で出来る会議室スペースがあったらいいのになって思うんです。今使わせてもらってるオフィスは、ワンストップビジネスセンター田町店ですが、毎週通ってます。

土本へええ。そうだったんですね。

高田バーチャルオフィスを申し込む時は、田町に用がなくてまったく分からなかったんですけども、田町に事業の提携先ができたので、うち田町で1時間単位のレンタル会議室を借りれますよって取引先に言えるので、私も嬉しいですし、取引先の方も喜んでくださり、満足して利用させてもらってます。

土本こちらこそ、ありがとうございます。高田さんがご自身で独立開業されようと思ったきっかけはなんですか?

高田以前は結構、会社規模の大きい、ホームページ製作会社にいたんですね。もともと。規模が大きくっていろんな商材が扱えるっていうのが魅力的だったんです。

でもどうしても、会社とお客様の間に立つと言うよりは会社寄りに立たなければいけないんです。当たり前なんでしょうが。お客様のためにはならない商品なんかも提案をしなきゃいけないとか。自分の未熟さだったと思うんですが、そういうところがあって、未熟ながらもお客様の側に立ちたいというのを強く思ったんですね。

自分の商材じゃなくて他社の商材薦めちゃうくらいのことも必要だなって思ってるんですね。それを、上司とかに文句言われないようにするためには、もう自分でやるしか無いんだなって思ったんです。

土本なるほどですね。弊社の会員さんを見てても、もちろん最初から法人化されて株式会社としてスタートされる方もいらっしゃれば、まずは会社を一旦辞めて個人事業主としてすたーとされて、ある程度お客さんを集めて売上見込が立ってきた段階で信用を得るために株式化するという2パターンいらっしゃると思うんですけど、高田様の場合は最初から株式化されて法人としてスタートされたわけじゃないですか。

高田はい、そうですね。

土本個人事業主としてではなく法人登記して独立開業する、判断のきっかけは何だったんですか。

高田それは完全に性格ですね。私、小さい頃は期限を切らないと宿題をやらない子だったんです。自分のことを追い詰めて追い詰めて、そこで頑張るという性格だったので、独立して会社をつくり、退路を断つというか。フリーランスや個人事業主って私のように意思が弱いと、戻ることも簡単に可能じゃないですか。

でも会社を法人化したっていうことになると、社会的な責任も大きくなると思うので、なかなか簡単には潰さなくなるかなと思いまして。背水の陣ってやつですね。どうしても甘えとか出ちゃう時もあるので。

土本確かに仰るとおりだと思います。前に進むしかなくなりますもんね。

今日はお忙しい中、インタビューのお付き合いいただきましてありがとうございます。