1.  > 
  2. ワンストップビジネスセンターご利用者の活用事例インタビュー サロン運営 一般社団法人ブリザーブドフラワーアレンジメント協会代表理事 竹井かよこ様

ワンストップビジネスセンターご利用者の活用事例インタビュー サロン運営 一般社団法人ブリザーブドフラワーアレンジメント協会代表理事 竹井かよこ様

user-interview-main

竹井かよこ様 プロフィール

一般社団法人プリザーブドフラワーアレンジメント協会代表理事
プリザーブドフラワーサロンAphrodite主宰

現在、六本木でプリザーブドフラワーのアレンジレッスンや販売を行っている。ブログ読者1000人超、フェイスブックページのファンは20000人を超える。サロンのブランディングや集客をソーシャルメディア(ブログ、フェイスブック)のみで行い、圧倒的な結果を出している。大企業数社とのコラボ、出版社からの取材依頼や出版オファー、ゲスト講師依頼多数。

http://www.facebook.com/aphrokayoko

ワンストップビジネスセンター土本(以下土本)- 今日はどうぞよろしくお願いします。

竹井かよこ様(以下竹井)- お願いします。

土本- まず竹井さんの現在されているお仕事の内容を簡単に教えてください。

竹井- プリザーブドフラワーっていう枯れないお花の販売とレッスン、講師育成をメインに行っています。

土本- 元々はご自身で生徒向けに事業をされていたのですね?今はどちらかというとインストラクター育成事業寄りになっているわけですね?

竹井- そうです。元々はお花をレッスンするという所からです。

土本- なるほど。

user-interview-takei-01竹井- それで、その方たちがもっともっとスキルアップしたいという所でインストラクター事業をメインでやっています。

土本- 最初にお会いさせていただいた時は、竹井さんご自身が新宿のほうで事業されていましたよね。その当時、当方のバーチャルオフィスの方にお越しいただいて、今後の事業のお話とか、ほかの先生がいらっしゃるという話をされていて、今はその先生さんがどんどん増えていますね。

竹井そうですね。彼女たちの活躍をサポートしようと思って動いています。

土本- 今、先生さん、インストラクターさんは何人位いらっしゃるのですか?

竹井- インストラクターはまだまだ少ないですね。20人位ですよ。

土本- へぇ、でも結構いらっしゃいますね。

竹井- 最初はちょっとした趣味から始めて、本当に先生になりたいっていう方は限られてくるのですけど、講師資格をとって趣味を極めたい!という目的で受講される方がほとんどですね。

土本- そして、またその先生さんがご自身で今度生徒さんに向けて事業をされていくって感じですね。

竹井- そうです。

土本- それは結構面白いですよね。

土本- そして、さらにその事業の教材とかを提供していくってビジネスモデルなのですか?

竹井- そうです。

土本- ちなみに元々事業を立ち上げられたきっかけはなんだったのですか?

竹井- きっかけは自分の結婚式です。元々私はお花が大好きでプリザーブドを自分の結婚式の時に両親にプレゼントしようと思い、アレンジを作ったんです。初めてその時プリザーブドを知ったのですが、両親にあげたら想像以上にすごく喜んでもらって、これはいいな!と思いました。その頃はプリザーブドが流行りはじめの時だったのですごくいいなと思ったのが1つめです。また実際にうまくいっているお教室を見させてもらって、こういう風にすればいいんだっていう具体的なピクチャーが描けたっていうのがありました。お花が好きっていう所からでもこれはどうやったらビジネスになるのだろうって思っていた時に、上手くいっているケースを見させてもらえたので、これだったら出来るかも!って感じたのでスタートする決意をしました。

土本- ちなみにそのご自身の結婚式で興味持たれたとおっしゃいましたがそれから何年位になるのですか?

user-interview-takei-02竹井- すぐですね。2か月くらい。

土本- 立ち上げられるまでですか?

竹井- 違います。8月に結婚式をしてお花を習い始めたのが2か月後。それで教室を始めたのが4か月後くらいです。

土本- めちゃくちゃ早いですね。

竹井- 早いと思います。

土本- そこから今はどのくらい経っていますか?

竹井そこからちょうど3年たって4年目になりますね。

土本- そうすると、うちがバーチャルオフィスを始めたのと同じくらいですね。

竹井- そうなんですか!

土本- この3年間で4年目に入られて色々な事があったと思いますが、最初はご自身で生徒さんを集められてご自宅で教室を始めてという所から始まって今は先生育成というところまで進化されていらっしゃるんですけど、一番苦労された所、悩んだところはありますか?

竹井- 集客とそれにまつわる広告費をかけられない事が一つと、あとは起業したことがなかったので、右も左もわかりませんでした。

土本- 起業される前はそもそも何をされていましたか?

竹井- 小学校の教員をしていました。

土本- え?!そうなのですか?

user-interview-takei-03竹井- そうなんです。実はもともとは小学校の教員をしていました。3年間。23歳から25歳までの間ですね。でそれで、もっと人生に対して挑戦をしたかったので、思い切って辞めて、何をしようかと思っていた所でお花に出会ったというのがきっかけです。もう厳密にいうと社会経験がほとんどない所だったのでお金の稼ぎ方とか、お金に関して全然、何も知識がないところからだったので、これは勉強しないといけないなと思いまして、社長をする、自営業をするフリーランスで働くことに対する勉強から始めました。

土本- どうやって勉強されたのですか?

竹井- セミナーに行って、もちろん本も読むのですけど、でもやっぱりセミナーかな。

土本- 結構、たくさんのセミナーは行かれましたか?

竹井- そうですね、結構行っていると思います。広告費にお金かけるのだったらセミナーのほうがいいかなーと思って。

土本- お客様を集める部分で広告費をかけられないというお話だったじゃないですか?では具体的にセミナーで勉強されていきながらどうやって集客していったのですか?

竹井- 2つあります。1つはソーシャルメディアを極めようと思いまして、ブログとFACEBOOKに力を入れたこととそれに関する勉強をした事、もう1つはセミナーで仲間が沢山いて起業されている方も多いですしすでに結果を出されている方もそこに来てらっしゃるからそういう方たちと一緒に成長しようとお互い助け合ったことですね。その2つが大きかったです。そこから仕事を頂き、そこから口コミで広がっていった感じですね。

土本- セミナーって結構、お値段が高いと思うのですが、そこに投資し、人脈のようなところからお客様を獲得していって広げられたと。

竹井- そうですね。でも人脈作ろうと思っていったわけじゃないですけど、結果的にそれが一番参加した中でのメリットでした。そこでお金を支払っていくからには、それ以上の何かを得て帰ろうという決意ももちろんあるのでそれはよかったと思います。

土本- 私なんかもよくセミナー行きますけど、確かに払った分の元取るぞ!みたいなところはありますよね(笑)

user-interview-takei-04竹井- 寝てられないぐらいの(笑)

土本- そして起業後は、急ピッチで事業を軌道に乗せられたと思うのですが、今後のこの事業の発展はどんな感じでビジョンを描いていますか?

竹井- 私にとって第一が家庭なのです。家庭があって、それでプラスアルファで仕事という優先順位です。今活躍したいと思って勉強されている生徒様たちのサポートをしていき、彼女たちの活躍の場を広げていきたいなと思っています。

土本- 生徒さんの育成とか生徒さんの活躍できる場っていうのを提供していくのが当面の課題ですね。

竹井- そうですね。今年は特にそこに力を入れていきます。

土本- なるほど。

土本- 最初に1年前に私が竹井さんにお会いした頃は主にどんな悩みがあってバーチャルオフィスにしようかなと考えていらっしゃったのですか?

竹井- 二点あります。最初は自宅で細々やっていたのですが、事業が広がっていっているときにHPやブログなどに記載するきちんとした住所が必要だったことが一点と、もう一点は講師育成をするので、生徒さんたちもレッスンで使えるような会議室があるところを、と思い会議室のついているバーチャルオフィス探しを始めました。バーチャルオフィス選びのポイントとしてはしっかりとした一流の場所にオフィスがあることですね。そこに住所が置きたかったんです。ワンストップビジネスセンターさんを選んだきっかけはしっかりしたところでやっているという形が欲しかったのとあとはそれを見てお客様が信頼感を持っていただけるような素敵な響きの住所だったので。私のような仕事の場合、イメージが非常に重要ですので、町の住所の響きって私はすごく大事だと思っています。また、そこに対してお金をお支払いすることで自分の責任と覚悟が出るのでまたちょっと一歩進めると考えました。

土本- ありがとうございます。もともとご自宅で運営されていたのがどんどん拡張していく中で何かもう一つ新たな住所が必要になって、我々のいいように解釈したら竹井様にとってひとつのバーチャルオフィスのご利用がお役に立てたのですかね?

竹井- もちろんです。自分の気持ちがまず違います。オフィスを持ったっていう責任というか嬉しさもありますし、そこから始めるぞ!!みたいないい覚悟にもなりました。

土本- ありがとうございます。ちなみに1年前はいろいろなバーチャルオフィスあったと思うのですがいろいろバーチャルオフィスは比較されましたか?

竹井- それはたくさん見ましたよ。銀座とか、青山にも御社以外にいくつかありますよね?

土本- 実際に足を運ばれました?

竹井- 実は見てないんですよ。

竹井- 最初にワンストップビジネスセンターさんにお伺いさせていただいて、そのあと多分青山でもう一軒予定も入れていました。銀座のバーチャルオフィスさんもちょっと検討していたので見に行こうってアポを取っていましたね。そういえば(笑)

土本- いろいろ見られた中で、どうしてうちに決めていただいたのですか?

竹井- まず電話をさせていただいた際に電話対応がすごく素敵だったのでそれで行ってみようと思いました。それで行ったときにお人柄を拝見し、こっちでもう決まりだな!と思って(笑)。すごく話していて楽しかったのがよかったのとあとはサイトに若者支援!!20代の社長応援パック!女性の起業化支援!という言葉があって、これどっちも私のことじゃん!と思って(笑)。そういう考えをお持ちの社長さんだったのですごく親近感があったのと、またオフィスがすごく綺麗でした。清潔感がある会議室だったので、そういう雰囲気を見て決めさせていただきました。その2つがすごく良かったです。

土本- 1年間ご利用いただいて会議室はあまりご利用されなかったですが、郵便やり取りをさせていただく中で何か不満なところはありましたか?また、逆に良かった点とかはありましたか?

user-interview-takei-05竹井- 正直、不満は特にないです。本当に迅速に対応していただきましたので。確か、一度すごい大きなお花を頂いたことがありましたよね!本当はああいう物はバーチャルオフィスには送っちゃダメなのに謝りに行ったら「大丈夫ですー」ってスタッフの方が笑顔でおっしゃってくださって、すごく臨機応変に対応していただけたのが印象的です。最初にお支払いするときもまだ何もできてないですけど見切り発車でもいいですよ!みたいな部分で対応して頂いて臨機応変なところがすごくありがたかったです。

土本- 本当に色々なお客さんがいらっしゃいますので、ご要望を聞いてみてご対応できることならできる限りフレキシブルに対応して行こう!というのが我々のポリシーなので喜んでいただけてよかったです。

土本- 我々の会員さんでは起業家さんとかこれから事業立ち上げようという方たちが多いですが、ある程度事業が成長されていて、苦労もされたと思うので。そのようなこれから起業しようという人たちに対して竹井さんの経験から何かアドバイスがもしありましたら是非いただけたらと思うのですが。

竹井- アドバイスできる立場ではないですが。諦めない事ですかね(笑)

土本- 気合いですかね(笑)

竹井- なんでもそうだと思うのですが、諦めずに、アプローチの改善をし続けつということですよね。まずは諦めないのが1つと、アプローチをいろいろ変えて、出来るまで色々方法を変えてみて向かって行って欲しいなって思います。自分がやってみて思ったのですが、特に女性の方は感情のコントロールがすごく大変だと思います。

土本- そうなのですか?

竹井- 男性の方と話していると冷静でいいなーってすごく思います(笑)。色々なところで。

土本- それは事業をしていく中で?

竹井- 事業をしていく中でもそうですし、3.11で地震がった時に皆が自粛ムードでお花を触っている場合じゃない!みたいな局面でも、出来る男性の起業家の方は「今がチャンスだ!」ってピッと切り替えて、視点を変えてそれを自分のチャンスに生かしている姿を見てすごいなと思いました。そのときこれぞ商売人!!と思ったのですが女性は、そこでどうしてもこんな時にお花を触っていいのかしら?とかレッスンしていいのかな?とか色んなブレがあるので、そういうところをきちんとコントロールできる、またはそういう時に周りに助けてもらう環境があるのは大事だなと思いました。

土本- 私も今日竹井さんとお話しさせていただいて感じるのは色んな先生の好い所、悪い所があって世の中に色んな成功者がいて、色んな先輩方がいるのですが、みなさんのうまくいいとこ取りをされていると思いますね!

user-interview-takei-06竹井- いいトコ取りですよね!!そうです(笑)

土本- 柔軟というか、堅いと1つになっちゃうじゃないですか、竹井さんを見ていると柔軟性がすごいと思います!

土本- 今日はお忙しい中、お時間を頂いてありがとうございました。竹井さんの今後のご活躍を期待しております。

竹井- ありがとうございました!

Copyright(c) 2011 1 STOP BUSINESS CENTER All Rights Reserved.